お問い合わせはこちら 042-376-3800
〒206-0035 東京都多摩市唐木田1-1-7 プラザ唐木田1F
初診の方へ
リンク集
HOME
お知らせ
医師のご紹介
当院のご案内
地図・交通案内
診療案内

多摩市の内科・呼吸器科・皮膚科・外科

消化器内視鏡

CONTENTS

地域に密着した、
科学的根拠とサービスの
心に基づく医療の実践

高齢者の「自由で有意義な長生き」を基本とした
在宅医療の提供

地域産業で働く人たちの
健康づくりと活力ある
地域社会への貢献

MOBILE SITE
HOME»  消化器内視鏡

経鼻内視鏡について

経鼻内視鏡

食道、胃、十二指腸などの上部消化管に対する内視鏡検査は、従来口から内視鏡を挿入するものでしたが、10mm前後の太さの内視鏡を挿入する際に舌や喉を刺激し、多くの方は咽頭反射(「オエッ」という吐き気を催す)を起こします。
このため、内視鏡検査は『つらい』、『苦しい』と感じている人が多いのではないでしょうか。

これに対し鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡では、内視鏡は鼻腔を通って食道に入って行きます。舌根にふれることがないので咽頭反射はほとんどありません。
また、鼻腔は少量の麻酔薬による前処置で容易に感覚がなくなるので、鼻を通る苦痛もほとんどありません。


消化器内視鏡

消化器内視鏡

当院では、検査中の違和感、苦痛を出来るだけ和らげるために、全例に静脈麻酔を使っております。また検査前の下剤は、ご自宅でリラックスした状態で飲んで頂き、十分大腸がきれいになった段階で午後行います。